音声POPで販促の実現!特徴とメリットを知ろう!

音声POPによる販促の特徴

販促を行うときには消費者に気づいてもらうことが大前提になります。その上で内容について理解して、必要だと感じてもらえれば購入につながるでしょう。音声POPは人感センサーを使って、その近くを人が通ったときに音声を流すことができるシステムです。さらにディスプレイも利用すれば映像も合わせて表示することができ、近くを通った消費者に対して直接訴えかける形で販促を行えます。消費者にとってただのポスターに比べると音声POPは興味を惹かれてしまいやすい性質がある販促ツールです。目は意識しないとものを認識することはできませんが、音声は聞こえてきたときに一度は意識を傾けてしまう習性が人にはあります。そのため、まずは気づいてもらうという点を達成しやすく、その内容次第で速やかに興味を持ってもらって購入にたどり着かせられる可能性があるのです。

自由な音声で販促可能

基本的には音声POPは人感センサーで人を感知したときに予め録音しておいた音声を流すという形になっています。音声といっても幅は広く、自分の声で録音しても音楽を流しても構いません。自由な形で音を出して販促を行えるのが特徴であり、販促効果が上がらないとときには内容を簡単に変えることもできます。また、内容をいくつか登録しておいてランダムに音声を発生させるようなシステムも利用することが可能です。商品の特徴が多岐に渡っているという場合にはあえてランダムに音声を出すようにして、何度も通ってくれた人に別の角度から販促を行うこともできるでしょう。

音声POPとは人影を感知したり、押しボタンを押したりすると音声が自動再生する装置のことです。サービスのご案内やご来店時のお声かけ、防犯対策などに利用できます。