青色申告って実はよく分からない?要点を簡単解説しちゃいます!

確定申告って、そもそも何だっけ?

青色申告という言葉を聞いたことはあるけど詳しくは分からない、という方も多いのではないでしょうか。

詳しく説明する前に、まずは確定申告についておさらいしましょう!

確定申告とは、1年間で得た収入と国が認めている控除額を計算して、正しい税金を計算・申告することです。

会社勤めの方は、会社が代わりに年末調整を行うため確定申告をする必要はありません。

ただし、複数の会社に勤めていたりそもそも自営業だったり不動産収入があったり、という方は確定申告が必要です。

この中で自営業の場合と不動産収入の場合に選択できる制度が、青色申告と白色申告です。

青色申告と白色申告ってどう違うの?注意点は?

では、青色申告と白色申告はどんな制度でどう違うのでしょうか。

青色申告とは、自営業または不動産収入で1年間に得た利益から最大65万円を控除した残額に対し、税金を計算する方法です。

また、一緒に生活している家族に支払うお給料も必要経費として認められます。

白色申告とは、青色申告以外の申告を指します。家族へのお給料は、必要経費として認められません。

当然、青色申告のほうが税金は安くなります。

ただし、青色申告を選択するためには守らなくてはいけない要件がいくつかあります。

一番大事なのは、1年間の取引を簿記により帳簿化し、領収書などの書類を国の指定する期間は保管しておくことです。

更に、例えば来年1年間の収入に対する申告で青色申告を選択したいのであれば、今年の12月31日までに所轄税務署に届け出なければいけません。家族に対するお給料も同様に、届け出が必要です。

逆に言えば、この要件さえ満たせば誰でも青色申告を選択できます。

注意点をしっかり守り、お得な申告・節税をしましょう!

個人事業主が行う税の申告方法で複式簿記での帳簿付けが必要です。青色申告には特別控除や家族の給与が経費になるなどのメリットがあります。