意外に知られていない白色申告のあれこれについて!

白色申告とは何をするのか?

日本の所得税には「申告納税制度」が取られており、納税者が所得と税額を計算して管轄の税務署に申請と納税をしていきます。

個人事業主の確定申告の種類としては「白色申告」と「青色申告」の2つに分かれていましが、白色申告の申告形式は「年間の売上-必要経費=事業所得」という実にシンプルな方法がとられているのです。また提出書類には「収支内訳書」と「確定申告書B」がありますが、そもそも個人事業主として開業する際に申告に関して何も申請しなければ自動的に白色申告の扱いとなります。

平成26年1月から制度が変わり、白色申告者は前年度の所得が300万円未満の方であればこれまで必要なかった記帳と帳簿等書類を保管しなくてなくてはいけなくなりました。これは赤字で所得税の申告をする必要がない方でも同様です。

記帳内容は売上・収入金額・仕入れ・経費等となっており、取引が行われた日付・売上先や仕入先・取引相手の名前なども記帳していきます。もちろん取引金額も欠かせません。ただし取引ごとの記帳ではなく、日々の合計金額が書かれていれば大丈夫です。

その他の変更点としては、帳簿の保存期間がこれまでの5年間から7年間になっています。

そんな人物が白色申告にしているのか?

白色申告の個人事業主は「全く経理経験がない人」「事務経理にあまり時間を割けない方」「経費総額そのものが少ない方」という経理関連での理由がある方と、「年度の途中から事業を始めたため収入がまだ少ない方」「フリーランスが副業なので、収入自体が多くない方」という収入関連での理由がある方の2つに分かれています。個人事業主の場合には企業に勤めている方とは異なり、自分の状況を自分自身で判断していく必要があるのです。

青色申告の申請をしなければ、無条件に白色申告となります。開業届を出していなかったり、年度の途中から事業を始めた場合もこれにあたります。