効果的に人材育成を!社員研修の種類と特徴とは

社内研修で幹部候補を育てよう、

社員研修と言えば、まずは社内研修があります。社内の人事担当が講師となって、研修を行うスタイルとなります。そのメリットは社風や経営理念を徹底して教えることができることです。会社のブランディングのひとつとして、社員の意識の統一があります。同じ価値観で行動することにより、会社らしさというものを平準化することができます。そのためには経験豊富な社員が会社の伝統を引き継ぐ気持ちで、研修を受ける社員に教えることが必要になります。また実践形式で仕事を教えることができるので、すぐに業務に慣れることができます。

ビジネススキルを磨くなら外部委託も役立ちます

一般的なビジネスマナーやスキルを高めるのであれば、外部委託で講師を雇うことも効果的です。外部の研修センターなどに集まり、他の会社の人達と一緒に研修を受けることで刺激になります。世間一般のビジネススキルというものを体系的に学ぶことにより、基礎能力の高い社員に育てることができます。

経験に応じた研修を選ぶことも大切です

研修と一口に言っても、そこで講義する内容は色々とあります。新入社員に向けたものから幹部候補まで多彩です。そのためにぞれぞれ、現在のキャリアを踏まえて参加する研修を選ぶことも大事です。常に新しいスキルを学べるようにすることで、社員にも向上心が生まれます。また段階をしっかりと踏むことによって、効率的に育成を行うことができるというわけです。外部委託の研修ならば、あらゆる段階での講義を用意しているので、便利に利用することができます。

社員研修とは企業が従業員に対して施す研修のことで、労働者が職務遂行のために必要となる知識や技術を教育します。